2015年11月13日金曜日

怪盗ワリオ・ザ・セブンは面白い?攻略&感想 レビュー まとめ【DS】

『怪盗ワリオ・ザ・セブン』は2007年に発売されたDS用の横スクロール式アクションゲーム。

あらすじ 物語・ストーリー 内容

毎日ヒマを持て余すワリオ。意味もなくテレビを観ていると「怪盗アルデンテ」というアニメが放送されていた。そこでワリオはひらめく。「この世界に入ったらおもしろそうやん?」と軽いノリで、テレビの世界に入る機械を開発。

そして怪盗アルデンテに変わって、自分が怪盗としてお宝を奪っていく。そして最大のお宝・ウィッシュストーンを見つけるストーリー。汚い画像ですが、上画面にはマップが表記。下画面でワリオを操作します。

こんな感じのボスが登場します。


面白い点

変身するというアイデア

色んなワリオになって展開を打開していく。スペースワリオ、グラフィティワリオ、ドクターワリオ、キャプテンワリオ、ビリビリワリオ 、ダイナソーワリオ、フライングワリオの合計7種類。それが『ザ・セブン』というゲームタイトルに繋がってます。ただ少し特殊で下画面のワリオに直接マークを描くことで変身可能。

「◯」だったらスペースワリオ、「〼」だったらグラフィティワリオといった具合。試み自体は評価したいと思いますが、あまりに数が多いのでパターンを覚えるのが大変だったりもしますが。


面白くない点

アミダのミニゲームで横線を引けない

横スクロール式アクションゲームなんですが、途中で宝箱を開くとミニゲームが始まる。イライラ棒や色塗りなど。

基本的にそこまで難しい内容のミニゲームはありませんが、「アミダ」だけやたらと難しい。横線を引くことでワリオをゴールに導くんですが、横線そのものがなかなか引けずにイライラ。文字をしっかり認識したり決してAIはアホではないと思うんですが。

う◯こネタが多め

ちょっとう◯こネタが多め。グラフィティワリオだと絵画に失敗すると、う◯こが飛び出てあちこち駆けまわる。ミニゲームでも登場するなど、ちょっと女子ユーザー的にはお下品か。


クリア時間・プレイ時間

およそ9話分のダンジョンが用意されていますが、大半は一つ30~60分程度でクリアできるはず。自分は最大2時間近く時間がかかったダンジョンもありました。時間表記がないので正確な数字は不明ですが、おそらく10時間ぐらいで全クリできるはず。

ただ9話目の最初に青いブロックが塞いで、これ以上先に進めませんでした。ダイナソーワリオをサンライトジェムで強化することで進めるんですが、サンライトジェムがなかなか見つからない。どうやら宝箱はランダムで出現するようですが、自分は色んなダンジョンを再探査したものの結局発見できずじまいでした。

ストーリーの進行上確実に必要な能力であれば、確実にゲットできる仕組みを作っておくべき。


攻略のコツと難易度

攻略のコツとしては、まずなにより「特殊な操作性を慣れる」以外にありません。左手でカーソルを操作しつつ、右手でタッチパネル画面をコチョコチョと操作するのは意外に大変。敵がたくさん登場したり、特にボス戦ではテンポのよい変身の切り替えが求められる。だからテンパると、タッチパネル操作(ワリオのスムーズな変身)が成功しないことも多い。

つまりマップ表示があるので行き先に迷うことは少ないですが、アクションの難易度としては案外高くて、自分が所有してるの中古3DSだから『怪盗ワリオ・ザ・セブン』のセーブも残ってるんですが、以前のユーザーは1話目すらクリアしてませんでした(笑)

ただざっくりとした攻略のコツを何個か書いておきたいと思います。

グラフィティマリオのハートの出し方

グラフィティマリオではハートを出せる。ハートはHPを回復してくれる、ある意味チート技。このハートの出し方は、シンプルにハートマークを描くだけ。ただ意外に難しい。

でも簡単な方法があって、それが「逆三角形」を描くだけ。真ん中のくぼみを描くのが難しいと思いがちですが、どうやらそこは全く認識してない模様。ひたすら小さめの逆三角形を描くだけで、ハートマークが出てきます。

4話目のボスの倒し方

『怪盗ワリオ・ザ・セブン』はボスの倒し方が意外に頭を使います。

4話目のボスは十字型のくぼみにある電球を、グラフィティマリオの巨大石を作ることで破壊します。そして、次はスペースワリオのビームで球を攻撃すればオッケーです。

7話目のボスの倒し方

まずミサイルで石碑を攻撃して水を抜きます。続いてドクターワリオでパンチを繰り出してバクダンを飛ばします。ボスが口を開けたら、グラフィティワリオでう◯こをブチ込んでやります(笑)

基本的にボスには「小さなマーク」が載ってるので、そのマークの意味を考えてワリオを変身させるとオッケーです。


総合評価 評判・口コミ

良くも悪くも、『怪盗ワリオ・ザ・セブン』は変則的な操作性が特徴。

まさに「タッチパネル」というDSの特殊性を活かすためだけに、無理やりアクションゲームを作りました的な内容。2007年ぐらいに発売されたゼルダシリーズもそうですが、「面白いかどうか」よりもまず最初のアイデアありきといった内容。

操作性にさえ慣れれば、中古ゲームとして400~800円で買う分にはそこまで損はしないかも。
【スポンサーリンク】
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿